不動産購入に必要な諸費用

不動産取引において、仲介業者の心理としては、できるだけ買主の希望で売買を成立させようとしてくれます。

不動産購入に必要な諸費用

不動産の取引では仲介業者の心理を知る

定価が100万円のものを販売している営業担当者だとします。あるお客さんのところに行くと、良い商品だけれども価格が少し高いと言われました。この営業担当者はどうするでしょうか。値引きをすると、定価で売れないことになります。会社にとっては販売価格は非常に重要です。なんとか100万円の価値があるように説得をするでしょう。しかし、別会社がそれよりも安く提案してきたらそちらに乗り換えられるかもしれません。価格に固執してしまうのです。

不動産の取引において、業者は自社で仕入れた物件もありますが、仲介も多いです。この場合は仲介手数料を得て稼ぐことになります。自分で販売価格を決めるわけでも購入価格を決めるわけでもありません。売主の希望価格と買主の希望価格がぴったり合う人達を紹介し合い、契約を成立させて仲介手数料を得ることになります。ある買手が良い物件だけども少し高いと言ってきました。この業者は契約を成立させるために売主に値引きの交渉をしてくれました。

業者の心理としては、売却することが大事になります。金額が大きく違うのなら手数料にも影響しますが、少しぐらいであれば影響は少ないです。売主にとってもそう思うとなったときに、積極的に値引き交渉してくれるのです。

注目情報

Copyright (C)2017不動産購入に必要な諸費用.All rights reserved.