不動産購入に必要な諸費用

築後5年位の不動産を購入するとき、相手がローンの支払を理由としているなら、物件の調査をしましょう。

不動産購入に必要な諸費用

築後5年ぐらいの不動産を購入する

新築と中古において、中古を買うことを勧められることがあります。それくらいお得なことが多いと言われています。マンションなどと比べると、価格の下がり方が大きいことがあります。年数が経てばその分老朽化が進んでいる事になりますが、それでも5年ぐらいであればその先数十年は問題なく住むことができるでしょう。後はいくらで購入することができるかになります。また、売主の事情もあります。それによっても価格が変わってくることがあります。

築後5年ぐらいの不動産を見つけました。仲介業者によると、住宅ローンの支払が厳しくなったので手放すことになったそうです。となれば、物件そのものに特に問題がない事がわかります。後は値段の交渉になります。その周辺の相場であったり、築後5年ぐらいだとどれくらいまで下がるかなどの情報を得て、これくらいなら買いたいとの金額を決めました。もし売値がそれよりも安ければ交渉して見る価値はあると思います。提示は少し安い状態でした。

せっかくですから、もう少し値引きしてもらうように言ってみてもよいでしょう。住宅ローン関係であれば、できるだけ早く手放してお金を用意したいと考えているからです。でもあまり値引きを迫ると売ってくれなくなります。

注目情報

Copyright (C)2017不動産購入に必要な諸費用.All rights reserved.