不動産購入に必要な諸費用

不動産では、公図と地積測量図によって数字や形の情報を手に入れます。実際のものと変わりないかを調べます。

不動産購入に必要な諸費用

不動産において地積測量図と公図

長いテーブルを共同で使うようなことがあります。境界などがありませんから、他人との距離感が難しいところです。気を遣いあう人たちであれば、大きく領域をとったりする人はいないでしょう。互いにかなり間隔を空けながら使ったりすると思います。このときに、何らかの形で境界線が引いてあると助かります。その線と線の間は自分が自由に使える部分とわかるからです。財産に関係する場合は、明確に境界線などが引かれるようになります。

不動産において、実際に土地を見ることがあります。良い土地で購入したいと思ったら、正確な土地の情報を知りましょう。まずは位置や形状について知るようにします。方向であったり、形などを知るのに使うのが公図と呼ばれる資料になります。こちらを見れば、形などを知ることができるので、どういった家を建てたいとのときに参考にすることができます。ただし、資料によっては古いものがあります。距離などが曖昧になっていることがあります。

数字を正確に知るのに使用する資料が地積測量図と呼ばれるものです。一辺の長さや形がより細かく分かる資料になっています。これらの情報と、実際の土地が同じになっているかを確かめます。同じでない場合は、専門家に相談します。

注目情報

Copyright (C)2017不動産購入に必要な諸費用.All rights reserved.